発信わがまち〜「大兎謨」の石碑どう生かす〜

当佐東地区に立つ石碑「大兎謨」を生かした地域おこしということで、NPO法人佐東地区まちづくり協議会 森澤賢樹会長のインタビュー記事が、中国新聞朝刊に掲載されました。記事によると、碑には、中国の治水の神「兎王」の功績をたたえる文字が刻まれており、広島県内では佐東地区だけにあるということ、そして、兎王の碑がある自治体や住民が、郷土史を報告する年1回の全国サミットが2010年に始まり、次回サミットは広島市で来年10月に開催されるということです。詳細は、掲載された新聞記事を転載させていただきますので、是非ご一読ください。

 

このページのシェアお願いします!